理解を深めたい病気|心の病気に打ち勝とう|自分のために生きて

心の病気に打ち勝とう|自分のために生きて

男性

理解を深めたい病気

男の人

心が生み出す病

心の病気とはその多くが精神的なプレッシャーやストレスによって発症する病です。人間の身体と心は一体ですから、心理的要因から身体が壊れてしまうこともあるのです。例えば大切な人との別れや人間関係の問題は人に大きな衝撃を与えます。そこから発症する心の病気として良く知られているのが鬱病や自律神経失調症です。プレッシャーからどのような心の病気を発症してしまうのかは患者さんによって異なります。ただし、どのような病を抱えたとしても、病院で治療を進めることが大切になります。特に鬱や統合失調症で症状が悪化した場合、社会生活を維持できなくなりますので初期症状の段階で受診することが大切です。また心の病気を緩和させるために積極的に活用したいのがカウンセリングです。カウンセリングに足を運べば身近な人達には相談できない問題を打ち明けられますので、心理的プレッシャーを緩和させられるのです。特に心の中で整理がつかない問題を抱えている方であれば、会話のプロに話を聞いてもらうことによって問題を別の視点で捉えられるようになるメリットがあります。心の病気を治療するためには薬物だけでなくカウンセリングや認知行動療法など、心理療法を取り入れることが大切なのです。また心の病気は患者さん自身の「弱さ」によって発症すると言われることもありますが、鬱病一つとっても全世界で一億人以上の罹患者が存在しています。患者さんが自分を責めることで病気の改善が遠のきますので注意しましょう。こうした病を完治させるには適切な休息が欠かせません。

理想の治療を選択する

心の病気には複数の種類があり、病によって飲むべき薬や選択すべき治療は大きく異なります。例えばストレスから自律神経失調症発症した場合、家の中で寝込むのではなく適切な運動が推奨されているのです。特にこうした病によって現れる眩暈は不安ではありますが運動することで治ることもありますので、医師に相談しつつ外に出るようにしましょう。自律神経失調症のような心の病気を発症した場合、聴覚に異常を覚えることがあります。こうした症状は聴力は維持されているものですが、耳鼻科でしっかりとした検査を受けるようにしましょう。精神的なストレスから突発性難聴を発症する方もおられますので、患者さん自身が自律神経失調症だと診断しないようにしましょう。また逆に鬱病治療では無理をして外出の機会を増やすよりも適切に休息をとることが大切です。社会生活の維持を義務づけた方が症状が悪化することもありますので注意が必要です。鬱病にかかった場合に気をつけたいのが、統合失調症との違いです。鬱でも統合失調症でも患者さんが幻覚を見るケースが存在しているのです。病院で正確な診断を下してもらいたい場合、患者さん自身が医師に適切な症状を伝えることが大切です。特に鬱のように代表的な心の病気にかかったとしても、大うつ病と双極性障害では効き目のある薬が異なりますから、重要なポイントです。双極性障害にかかっている患者さんであれば、鬱症状だけでなく躁状態に陥ることがあるのです。なかには統合失調症の症状として抑うつ状態が現れるなど、症状が混合しているケースも存在しています。